今あるものだけで満足するために意識すべきこと


現代の消費社会では、「もっと欲しい」という欲望に駆り立てられてしまうことがあります。

「もっと買いたい」、「衝動のままに買いたい」と・・・

「もっと欲しい」という欲望から自由になるためには、どうすれば良いのでしょうか?

例えば、緑の中を散歩したり、瞑想や読書、文章を書くといったお金のかからないシンプルなものを楽しむ生活を思い描いてみてください。

買うものが減れば、使うお金が減り、部屋は散らからなくなり、片付けの手間も少なくなります。

人間は欲望から完全に解放されることはありません。

しかし、自分の欲望に気づくことができれば、それを抑えることもできます。

役に立たない欲望は手放して、その代わりに今持っているもので幸せになりましょう。

自分の生活にはすでに十分にものがあることを知る

衝動買いしたくなったときは、他の人と同じことがしたいだけであったり、物を買うことで問題を解決したり、確かな暮らしを作ろうとしているだけだということに気づきましょう。

自分が衝動買いしそうと気づくことが大切です。

衝動は一時的で、雲のように流れ去って行く物です。

衝動に気づいて本当にこれは必要な物かと考えましょう。

考えて必要な物だと思えば買えば良いし、必要ではないと思うのなら買わないようにしましょう。

今のままで十分なのではありませんか?

もっと欲しいという欲望は、「現状に満足できない」という思いから生じています。

僕たちは今持っているもの、目の前にあるもの、そして自分自身に満足することができていません。

だから、もっと欲しいと思ってしまうのです。

まだ足りないと思ったときには、自分の目の前にあるものについて考えるようにしましょう。

そして、これだけで十分だということを思い出してください。

僕たちはすでに十分に持っているのですから、これ以上欲しがる必要はありません。

シンプルを楽しみましょう。

散歩にも行けますし、座って読書もできます。

筋トレやジョギングもできるし、文章を書くこともできます。

音楽を聴いたり、誰かとおしゃべりをしたりすることもできます。

目の前には十分に物が揃っているのです。

足りない物なんてありません。

欲望を頭の中から追い出したら、魂が抜けたようになって終わると思うでしょう。

しかし、持っているものに感謝して満足するようにしても、しばらくすると別の欲望が湧いてきます。

ネットを見たり、街に出たり、人と会うと欲望は何度でも蘇ります。

それでも、欲望に気づいて、今あるものに満足することを意識すれば、現状のままでも喜びを感じることができます。

まとめ

人生に必要なものは全てすでに揃っている。

新しく買うようなものはほとんどない。

今あるものに感謝して満足すれば、それだけで人生は充実する。





【最新】WiMAXでおすすめするお得なプロバイダベスト3を紹介【比較】



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする