収入アップを阻む悪い7つの習慣


誰もが物質主義というわけではありませんが、収入が増えるのは良いことだと思わない人はたぶんいないでしょう。

厳しく予算を設定して、出費を抑え、貯金する額を増やせば、長期的に個人資産の増え方は最大になるかもしれませんが、このような戦略は収入額の変動に比べると他愛のないものです。

他のことはすべて同じ条件というなら、収入を増やすことができれば生活はぐっと楽になります。

ほとんどの人はこのことに気づいていますが、ある原則を無視して収入を増やす可能性を殺している人があまりに多いです。

その例として、収入額を限定してしまう7つの悪い習慣を紹介します。

①交渉しない

どんなことでも交渉は可能です。

交渉したからといって必ずしも欲しいものが手に入るわけではありませんが、欲しいと主張しなければ手に入らないのは確かです。

給料交渉について考えてみましょう。

ほとんどの社員に提示される最初のオファーは雇い主が払ってもいいと思う上限額ではありません。

自分のスキルや経験に自信があり、自分の大まかな価値を調べたのなら、給料をもっと高くして欲しいと頼んでいけない理由はありません。

それをしたところで、起こりうる最悪の事態は会社側がNOと言って代案を提示してくることです。

有効な交渉術を一つ上げるとするならば、「せめてもう少し何とかなりませんか?」と言うことです。

②自分自身に投資しない

有名な投資家のウォーレン・バフェットさんによれば、「あなた自身が間違いなくあなたの持っている最大の資産です」ということなんですが、株式や不動産に投資するのもいいですが、ベストな投資は自分にすることです。あなた自身がお金を稼がなければならない能力であり、人生を選択する立場にあります。

今以上の知識やスキルを身につけ、健康を大切にして、経験を増やすことで自分の武器を整えれば、将来の雇い主はあなたの価値を高く評価するでしょう。

そうなると、あなたはより重要な判断を任されるようになり、究極的にはもっとたくさんのお金が稼げるようになります。

③視野が狭い

何かに投資しようしているなら、投資の幅を広げるべきです。

これは多くのキャリアに共通することです。

ほとんどの人は社内で出世の階段を登ることを望みオフィスであくせく働くか、自分が新しく始めたスタートアップ会社に有り金すべてを投資したりします。

これは立派なことですが、その一方で、視野が狭いと長期的に収入を増やしていく能力が発揮できなくなる可能性があります。

1つの収入源にばかり頼りすぎずに収入源を複数にしてヘッジをかけておいたほうが戦略としてはより安全です。

いつ自分のビジネスやキャリアが暗礁に乗り上げるかわからないのですから。

賃貸物件や副業を持つというようなバックアップ戦略があれば、そんな衝撃的な出来事が起こっても破産することにはなりません。

④現状に満足する

自分で決めた道を歩き始めて2,3年たつと、情熱やモチベーションを失っていることに気づくかもしれません。

今の自分の状態、している仕事、組織内の自分の居場所に満足しているでしょう。

多くの分野において言えることですが、現状に満足していると油断が出てきます。

例えば、仕事に前ほど時間とエネルギーを注がないので、会社にとって価値が低い社員になってしまいます。

あるいは、自分の給料に満足して経験やスキルが増えても昇給を求めないようになります。

自分が燃え尽き症候群になっていると感じたら、治療するようにしましょう。

⑤期待されたことしかやらない

成功を収めるには目標を設定することが大切ですが、その効果には限界があります。

例えば、マラソンランナーが42.195キロを完走する感動的な場面を考えてみましょう。

これはとても具体的な距離ですが、もし、43キロか44キロに目標を設定していたら、ほとんどのマラソンランナーが難なく完走できるはずなのにどうしてそうしないのだろう?と僕は思います。

でも、みんな42.195キロで走るのをやめます。

それが目標なのだから。

逆に言えば、目標は常に高めに設定するべきということになります。

教育、スキル、役職、給料など人生における目標を設定すると、自分が目標として設定したことは最低限として達成しなければならないと自己暗示をかけることができるでしょう。

⑥過剰なまでの忠誠心

多くの人は、少なくとも1つのポジションに長くとどまりたくてとどまっていますが、そうする理由は客観的に価値があるからでなく、忠誠心によるものです。

今の仕事はこれ以上伸びしろがないとわかっていても、会社に対する忠誠心を感じるのでその仕事を続けています。

これは気が楽な選択ですし、悪い選択でもありません。忠誠心がある人は素晴らしいと僕は思います。

でも、忠誠心のために自分の目標を犠牲にするのは自分のためになりません。

⑦お金を有効活用しない

これは「リスク分散」の原理と同じようなアプローチです。

ささやかな額がたまったら、それを銀行口座に眠らせておいてはいけません。

自分のために有効活用しましょう。

株式、債券、投資信託に投資して不労所得を得るようにしましょう。

あるいは、もっと勉強したり、チャンスを掴むためにそのお金を投資しましょう。

お金を使ってもっとたくさんお金を得ることができるのです。

だから、お金を眠らせておくのはもったいないことです。

当たり前のことですが、収入を増やすことが蓄財の第一歩です。

お金を稼ぐにはお金が必要なのです。

借金の返済、自活するために十分なお金を貯めること、会社で高い地位になること、あなたの目標がその中のどれであろうと、まずはここに上げた7つの悪い習慣を断つことです。

そうすれば、高級がもらえる可能性のある分野を選択したり、収入の高い分野に移る助けになりますが、こうした原則はあなたの長期的な未来の経済基盤となります。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする