後悔のない幸せな人生を生きるための8つの方法


もし、あと1日しか生きられないとしたら?

やり残したこと、会いたい人、行きたい場所、いろいろなことを思い浮かべると思います。

でも、1つだけ確実なことは、全ての目標を達成することも、世界のあらゆる場所を巡ることも、今まで出会った全ての人に会うことも、絶対に叶わないということです。

残り1日であろうが、50年であろうが、人生は限定されています。

子供の頃に無限にあるのかと思える人生も気がつけば終わってしまうものです。

何をもって人生の成功とするかは人それぞれですが、少なくとも、人生の最後に後悔するということは幸せだったとは言えません。

あらゆる物事を成功させるためには、準備と努力が必要なように人生を成功させるためにも、準備と努力が必要です。

そこで、何を準備して、何を努力するべきなのか、僕の意見を述べようと思う。

ライフワークを持つ

ライフワーク=人生の記録と言われていて、人生の成功には不可欠だと言われています。

「自分」とは何か?と考える時に、多くの人は「自分=記憶」という答えを導きます。

その「記憶」の軸になるのがライフワークです。

ライフワークと言っても、「仕事」だけを指すわけでなく、人生の「テーマ」と言った方がイメージしやすいかもしれません。

「コミュニケーション」、「教育」、「健康」など思いつくままに単語を書き出してみて、無意識に惹かれるものがあれば、ライフワークのヒントになると思います。

「私はこれをやっている」

「私はこれをやってきた」

そう思えるだけで人生に一貫性が生まれるはずです。

パートナーを持つ

最近では、夫や妻のことを「パートナー」と呼ぶことが多いですが、英語ではより広い意味で、人生を共に生きる仲間を含めて「ライフパートナー」と呼ぶことがあります。

「親友」や「同士」を含めたニュアンスです。

ライフパートナーを持つ事で人生は充実します。

ライフパートナーを探してみてはいかがでしょうか?

人に与える

晩年を迎えた時に、「もっともらえば良かった」と思う人はほとんどいません。

逆に、「もっと与えておけば良かった」と多くの人は思います。

受け取ることよりも、与えることの方が大きな喜びとして残るようです。

与えることは自分の意思に関わっているからかもしれません。

どうやったら受け取れるかよりも、どうやったら与えられるかということをできるだけ考えるようにしてみましょう。

挑戦する

「やらずに後悔するよりも、やって後悔する方が良い」と言われますが、真実だと思います。

何かを始めることに僕たちは本能的に恐怖を感じます。

僕たちの潜在意識は変化を嫌います。

行ったことのないお店に行くだけでも緊張するのですから、人生を変える選択であればなおさらです。

ところが、いつも通っていたお店が突然閉まってしまうことはよくあることです。

変わらないものなどありません。

どうせ変化するのであれば、自分から変化する勇気を持ちたいものです。

本当の欲求を見つける

人間は繰り返し言われたことを「正しい」と信じてしまう性質があります。

みんなが良いというものを良いと思ってしまうのです。

自分が欲しいもの、目指すもの、それは本当にあなたの欲求なのでしょうか?

どこかで誰かが言ったことを自分の意見だと思い込んでいる可能性は高いです。

もし、その欲求に「明確な理由」がないのならば、それはきっと他人の意見を信じているだけです。

なぜそれが欲しいのか?

なぜそれが必要なのか?

深く考えていくと、本当の自分の欲求が見つかります。

人生は短いです。

やりたいこと全てをやる時間はなく、どうでも良いことに関わっている時間はありません。

本当に求めていることがわかると、今やっていることや悩んでいることは、どうでも良いというがわかります。

自分が本当に欲しいものは何なのか?

自分が本当にやりたいことは何なのか?

他人の欲求ではなく、本当の欲求を見つけましょう。

初心を忘れない

人間の脳は刺激に慣れる性質があります。

歳を取るにつれて感動することが減っていくのは、脳の機能そのものはそれほど変わらなくても、刺激そのものに慣れてしまうからです。

昔を思い出してみれば、今当たり前に感じていることが当たり前でなく、意外とすごいことをやっているということに気づくと思います。

初心を忘れなければ、毎日を新鮮な驚きと感動を持って過ごすことができます。

いくらかのお金

「人生に必要なのは、勇気と創造力、それとほんの少しのお金だ」

そうチャップリンは言いました。

果たして、「ほんの少しのお金」とはどれくらいなのでしょうか?

僕の考えでは、「生きていくのに必要な最低限のお金」だと思います。

「生きていくのに必要な最低限のお金」があれば、生きていくことはできますから、お金を稼ぐことばかりを考えるのではなく、他に人生を充実させることをした方が幸せになれます。

健康でいること

すごくお金持ちでも、不健康で病気だったらそれは幸せなのでしょうか?

健康というのは、お金以上に価値があるものです。

お金を求める人は多いですが、お金と同じように健康を求める人は多くありません。

お金があれば幸せとは限らないのと同じで、健康であれば幸せなわけではありませんが、少なくともお金以上に大切なものだと考えて、積極的に健康であるための努力をすべきだと思います。

まとめ

後悔のない幸せな人生を送る方法は「自分の信じる道を歩く」ことです。





【最新】WiMAXでおすすめするお得なプロバイダベスト3を紹介【比較】



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする