眠りを浅くしてしまう4つのよくある間違い


午前3時、目が覚めてしまいベッドの上をゴロゴロしてもう一度眠ろうとしてもどうしても眠れない!

誰でも一度はこんな経験があるのではないでしょうか?

今回は眠りを浅くしてしまうよくある間違いを4つ紹介します。

深い眠りを確保するために以下のことを気をつけてみてください。

遅い時間にカフェインを摂り過ぎる

きっと記事を読んでいる人の中にもカフェインをたくさん摂っている人がいると思いますが、カフェインの摂取に関して気をつけなければいけないことがいくつかあります。

カフェインは細胞代謝を促進し、アデノシン受容体を鈍らせて目を覚まさせてくれる脳にとって最高のドラッグです。

しかし、覚醒をもたらす理由であるアデノシン受容体の鈍化は睡眠を妨害する要因になります。

カフェインの持続時間は平均8時間と言われています。

寝る時間の8時間前にカフェインを摂取するのは避けましょう。

ブルーライトと目の関係

就寝前に携帯を見ない方が良いという話は何度も聞いたことがあるでしょう。

それは本当なので気をつけましょう。

就寝する1時間前に電子機器をオフにするだけでずっと質の良い眠りを得ることができます。

ブルーライトはもともと、太陽光からのみ発せられていた光で、体内の血流からメラトニンを減少させて1日のスタートを心地良く切れる作用をもたらします。

今では僕たちの周りにある電子機器の多くがLEDライトを持っていて、眠りにつくために必要なメラトニンの生成を邪魔します。

事実、研究によればブルーライトは毎晩生成させるメラトニンの量を半減させ、血流の中でメラトニンが持続する時間も減るそうです。

つまり、質の悪い眠りに加えて睡眠時間も短くなって最悪です。

ブルーライトを浴びないようにしましょう。

部屋の明かりをつけっぱなしにする

またまた光関係です。

眠るときは明かりをすべて消す必要があります。

目を閉じているとしても、光のビームが目を差していると考えたら、どう感じるでしょうか?

身体と精神は光がある限りリラックスできません。

僕たち人間は光によって覚醒するようにできています。

部屋の中の明かりは夜中に目を覚まさせる要因です。

部屋の明かりは消して寝ましょう。

夜遅くに運動する

ランニングに出かけるとき、どんな気持ちですか?

おそらく気を引き締めて走る気満々でしょう。

僕たち人間はとても順応性がある生き物で、瞬発的に戦闘、出陣することができます。

そしてランニングとは文字通り出陣です。

副交感神経は休息や消化をコントロールし、感情は戦闘や出陣をコントロールします。

つまり、走ることで身体は感情を刺激して副交感神経のスイッチを切ります。

身体からアドレナリンとコルチゾール、集中力を高めるストレスホルモンが分泌されます。

ランニングから戻って、眠ろうとするのはほとんど不可能に感じるでしょう。

寝返りを打ってみても眠れず、何かがおかしいと思いつつもその原因を特定できないと思ったことはありませんか?

ストレスホルモンが体内で減少していくにつれて、ゆっくりと眠りにつくことができます。

夜遅くに運動するのは避けましょう。

まとめ

上記の4つに気をつけて快適に眠りましょう。





【最新】WiMAXでおすすめするお得なプロバイダベスト3を紹介【比較】



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする