簡単に新しい習慣を身につける2つの方法


瞑想する、ダイエットをする、野菜を食べるなどの習慣を身につけると数ヶ月もすれば、健康や幸福度が変わってきます。

しかし、習慣を持続させるのは大変です。

生活をしているといろいろな障害が出てきます。

そして、せっかく身につきそうだと思った習慣が立ち消えになってしまいがっかりするでしょう。

そんな苦労をせずに習慣を身につけるにはどうしたら良いのでしょうか?

今回は、習慣を身につける時にオススメな方法を2つご紹介しましょう。

どちらもまったく辛くないので、実践していることを気にとめることすらしないでしょう。

結果的にはほとんど努力しなくても生活が一変するでしょう。

・身につけたい習慣にじわじわと近づいていく

1つ目の方法はある習慣を完璧な形で身につけようとするのではなく、努力せずにその習慣にじわじわと近づいていくことです。

毎日、瞑想することを習慣にするとしましょう。

瞑想という新しい習慣のために20分という時間とスペースを設ける代わりに、瞑想に近いことをしましょう。

ベットから出るとき、ほんの数秒小休止して自分の呼吸に意識しましょう。

これだけです。

ほんの数秒でいいのです。

あまりにも簡単なので「習慣」として意識することはほとんどないはずです。

瞑想をいきなりうまくやろうとはしないでください。

瞑想という習慣をマスターしようとするのではなく、ほんの数秒だけ瞑想するのです。

一日の生活の中に自然に入れていきましょう。

無意識にこれができるようになったら、瞑想の長さを30秒、1分と長くしていきましょう。

焦ってはいけません。

瞑想の長さを伸ばすのは、1週間に1度程度にしておきましょう。

これならとても簡単です。

エクササイズに関しても同じことが言えます。

ジムに行ったり、30分のランニングをする代わりに、PCから離れて休憩するときに、腕立て伏せを1回だけするようにしてみましょう。

たった1回でいいのです。

最初はものすごく簡単なことから始めてください。

・スマートフォンを活用する

これは「身につけたい習慣にじわじわ近づいていく」の別バージョンで、スマートフォンをチェックする頻度を有効活用する方法です。

やり方はわかりやすくシンプルです。

スマートフォンのロックスクリーンにメッセージ付きの写真が出るようにします。

例えば、「身体を鍛えよう」などのメッセージがロックスクリーンに出るようにするのです。

次に、スマートフォンをチェックするときこのメッセージを目にするたびに、身につけたい新しい習慣にじわじわと近づいていきましょう。

「身体を鍛えよう」と出てきたら、腕立て伏せを1回だけするなどしてください。

もちろん、スマートフォンを見るたび毎回はできないと思いますが、一日に何回かでも実行すれば、新しい習慣に苦労せずだんだんと近づいていけます。

そして、生活を一変させるような健康的な習慣が身につくでしょう。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする