口ではなんとでも言える?ブログではなんでも書けるよ!


ブログはなんでも書ける。日常生活では絶対に口にしないようなことでも簡単に書くことができる。

家族や友人に「何言ってるの?」とか「マジかよ!」と言われるようなことでもブログなら自信満々にさらりと書けるのである。

匿名で書けば、誰もリアルの自分なんてわからない。あたかも自分はすべてを知っているように、自分の言っていることすべては正しいかのように意見を書くことができる。

自分の中で確信が持てないようなことでも確信があるかのように書くことができる。

多くのブロガーだってそうだと思う。ふと思いついたことをさらりと真実のように書くのだ。

ブログの中では本当なのかウソなのかなんてあまり意識なんてしない。だって書きたいことを書きたいからだ。

それに自分の書いた記事を多くの人に読んでもらいたい。そのために読者の気を引くような記事を書く。

そしてその記事がバズればとても良い気分になる。そしてだんだんと読者にウケそうな記事を書くようになる。そうやってあることないことを書きまくるのである。

それがブログの良いとこであり、悪いところでもある。

たまに、ブログを書いているときにふと自分のことを言っているのではないかという記事を書くことがある。自分で書いているにもかかわらずそれをできていない自分がいるのだ。

ブログというのは自分を写す鏡のようなものでもあるのだ。

口ではなんとでも言えると言うがそれ以上にブログではなんとでも書ける。

自分を大きく見せることができるし、実績がなくても上から目線で意見を言える。

自分が経験したことがないことでも、いろいろな記事を読めば、それなりにさぞ知っているかのような記事を書くことができる。

記事を書くことに慣れれば、作家のように流暢に言いたいことを書くことが出来るようになる。

だからといって、ブログでウソを書いていいわけではないし、PV数が増えたからってえらくなったり、自分が他人より優れているというわけではない。

だけど、ブログというのはなりたい自分や自分の理想や考え、意見などを自由に発信できる良いものである。

ブログを書けば同じ意見や考えの人、違う意見や考えの違う人などと本心でふれあうことができる。

ブログというのは書く人の人格が現れるものである。ブログを通して自分を知ることで自分を見つめ直すいいきっかけになるだろう。




どうも、ゆうです。(@mattaritoikiru1) この記事では、お得なWiMAX、Wi-Fiのプロバイダを紹介しています...



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする