人生は選択の連続である


「どの大学にいくか?」

「どの会社に就職するか?」

「誰と付き合うか?」

「どこに住むか?」

などの大きな選択はもちろんのこと、日々の「何を食べるか?」、「今日は何をするか?」など、人生は選択の連続です。

「選択によって人生が創られている」と言っても過言ではありません。

僕たちが「今の自分である」のは「今の自分になる」選択をしてきたからです。

今の自分や今の状況は過去の選択の結果なのです。

では、どういう判断基準で選択しているのでしょうか?

判断基準が変わらない限り、自分の人生は今の延長線上となるでしょう。

今の自分や今の現状に満足しているならば、きっと判断基準が良いため、生活の中で良い選択ができているのでしょう。

しかし、今の自分や、現状に満足していないのならば、判断基準が悪いのかもしれません。

判断基準が間違っているから、生活のなかでの選択を間違え続け、不満足な今があるのでしょう。

正しい判断基準を持てば、満足のいく自分や状況に変わると言えます。

正しい判断基準を持つにはまず、人生のゴールや目標を決めねばなりません。

あなたの人生のゴールや目標は何?

僕の人生の目標はまったりと幸せに生活することです!

人生のゴールや目標は最終的に「幸せになる」ことだと僕は思います。

人生のゴールや目標が「お金持ちになる」や「社会的に成功」することだという人もいると思いますが、それでも人間の最終的なゴールや目標は「幸せになる」ことではないでしょうか。

ですから、人生のゴールや目標は「幸せになる」ことだとするとそれに合わせた選択をする必要があります。

だからといって、自分だけ幸せになればいいという選択は間違っています。

自分さえ良ければいいという選択は短期的には良いかもしれませんが、長期的にみるならば、間違っています。

僕たちのゴールや目標は短期的な幸せではなく、長期的な幸せであると思います。

長期的な幸せを実現するには自分だけでなく、周りの人も一緒に幸せになるような選択をすることが必要だと思います。

周りの人との関係が良好になれば、人生は幸せに過ごせると僕は思います。

自分だけが幸せになることだけを考えずに周りの人も幸せになれるような選択をすることで幸せに過ごすことができます。

自分も周りの人も幸せになれる選択とは、「親切」や「奉仕」などの思いやりなのです。

相手を思いやる選択や行動をすれば、周りの人が幸せになり、周りの人が幸せになることで、自分も幸せになれるのです。

まとめ

人生は選択の連続であり、人生のゴールや目標は幸せになることである。

幸せになるには、周りの人を思いやる行動をすることが大事で、周りの人が幸せになれば、自分にも幸せが返ってくる。





【最新】WiMAXでおすすめするお得なプロバイダベスト3を紹介【比較】



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする