成功するには実力を証明するしかない


「成功するには実力を証明するしかない」

これは真理だろう。

誰にでも当てはまることだ。

成功するには見える形で結果を出して、他人に認めさせることが重要だ。

勉強でも、仕事でも、プライベートでもさまざまなところで重要になってくる。

勉強では点数という見える形で実力を示さなければならない、仕事でも業績という見える形で結果を出さなければならない。

実力を証明するにはまず、努力が必要である。

実力を証明するために学んだり、経験することが大切だ。

明確な形で結果を出さなければ、実力を証明することはできない。

結果を出すためには、努力が必要だと書いたが、努力だけすれば良いのかというとそれは違う。

すべての努力が必ず結果として表れるわけではない。

どれだけ努力しても、結果が出ない場合がある。

例えば、評価する人間の基準に左右されることもあれば、運などの不確定要素に左右されることもある。

だからといって、努力することは無駄なことなのかというとそうではない。

努力は必須なものなのである。

努力という土台があって、そこに運などの不確定でわからない基準が加わるのである。

だから、努力しなくて良いということはない。

この世界で努力なしで成功できることはないと言っていい。

現実的なことであれば7割、8割は努力で何とかなる場合が多い。

勉強や普通の仕事であればしっかりと正しい努力をすれば、実力を証明できる。

世の中には才能や運の比重が高いものもあるが、それにも努力は必要である。

あくまで、一般的な物事はしっかりと正しい努力をすれば何とかなることがほとんどである。

受験や試験は8割が努力で決まると僕は思っている。

出題される問題がどういうものなのかはあらかじめ調べておけばわかるし、出題される問題を解く方法も調べればわかる。

後は、問題を解く力を正しく鍛えれば良いだけである。

これだけで、受験や試験に合格することはできる。

出題される問題の傾向などに結果が左右される可能性はあるが、それはあまり影響はないと思う。

難関大学や難関試験は努力だけでなく、才能や運などの比重が高まるかもしれないが、基本的にしっかりと正しい努力をすれば大丈夫である。

仕事でも同じことが言える。

しっかりと正しい努力をすれば大抵のことは大丈夫である。

成功するためには実力を証明するしかない。

そのためにはしっかりと正しい努力が必要である。

問題は「しっかりと正しい努力を継続してできるか」なのである。

継続して努力することは退屈で、面倒なことが多いが、それをやらなければ成功することはできない。

成功するために一番重要なことは努力を継続してできるかどうかなのである。

努力を継続することができれば一般的な物事は成功することができる。

だから、努力を継続しよう!

成功できるかどうかは「努力の継続」に懸かっている。

まとめ

・成功するには実力を証明する必要がある。

・実力を証明するためには「努力を継続する」ことが重要である。





【最新】WiMAXでおすすめするお得なプロバイダベスト3を紹介【比較】



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする