友達が少ないのは悪い事じゃない


一度学校を卒業してしまうと、「友達を新たに作るのはかなり難しいものだ」と誰もが実感しているのではないでしょうか?

そもそも、友達をもっと作りたいという考えはみっともないという考えが余計に友達を作ることを難しくしているということもあると思います。

しかし、友達が少ない、あるいはいないということは悪い事ではありません。

友達が少なかったり、いないというのはいけないことだという考えを改めてみましょう。

充実している人は友達が多く、友達が少ない人は充実していないというのは単なる思い込みです。

友達が少ないとかいないからといって人生が充実していないなんてことはありません。

友達が少なかったり、いないのは自然とそういう風になったからなのです。

あなたにとって、友達が少ないことやいないことが良いから友達が少ないのです。

これは自然の摂理なのです。

あなたにとって最高の条件が今の状態であって、あなたにとって友達がいないことが最高の条件なのです。

友達がいなくても充実した人生を歩むことはできます。

友達がいないと充実した人生にならないというのは幻想です。

今、あなたに友達がいないのはそれがあなたにとって最高の条件だからです。

そもそも、友達がいるということはそこまで良いことではありません。

人間のストレスの一番の原因は「人間関係です」

ですから、人と無理に関わる必要はないのです。

人と関わることはとてもストレスのかかる行為です。

ですから、友達を頑張って作る必要はありません。

あなたにとって最高の友達は自然とできます。

あなたが誠実な人であれば、あなたにとって最高の友達ができます。

今あなたに友達がいないのはあなたにとって最高の友達がまだ現れていないからです。

ですから、気にすることはありません。

あなたは友達がいないと何もできない人ではありませんし、1人で生きていく力はあるはずです。

ですから、心配する必要も悩む必要も落ち込む必要もないのです。

あなたに友達がいないのは、まだあなたにとって最高の友達に会っていないだけです。

あなたはあなたらしく堂々と胸を張って生きてゆけば良いのです。

何も気にすることはありません。

あなたはすでに最高の状態なのです。

まだ、最高の友達に出会っていないだけなのです。

あなたがあなたらしく自信を持って生きれば、あなたの人生は充実するのです。

まずは、友達がいないことは何でもないということに気づきましょう。

そして、自信を持ってあなたらしく生きればそれで十分なのです。

そうすれば、あなたの人生はとても充実したものになるでしょう。




どうも、ゆうです。(@mattaritoikiru1) この記事では、お得なWiMAX、Wi-Fiのプロバイダを紹介しています...



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする