ベーシックインカムハウスの可能性、将来性について


ちゃす!ゆうです。(@mattaritoikiru1

今回はベーシックインカムハウスの可能性や将来性について話します。

ベーシックインカムハウスの可能性

ベーシックインカムハウスってなんぞや?という方には以前ベーシックインカムハウスについて書いたのでまずはそちらからどうぞ↓

ベーシックインカムハウスという住むだけでお金をもらえるプロジェクト始動

まず、ベーシックインカムハウスって、自分のやりたいことができる環境になっていて、食べていくのに必要最低限のものが揃っています。

好きなこと、やりたいことがあるけど、お金がなくて生活のために働くという状況を変えます。

たぶん、ベーシックインカムハウスでは、やりたいことや実現したいことを持っている変わった人間が集まると思っています。

また、こういうところには20代を中心とした若い人が来ますね。

好きなことで稼ぐためにはどんどんチャレンジする必要があり、ある程度の時間をぶっ込んでやる必要があります。

だけど、普通に仕事してたら、たぶん休日ぐらいしかまともに時間をぶっ込めないです。

ましてや、日本は基本的に長時間労働なので、時間をかけてやることはできませんw

なので、やりたいことができれば必要最低限の環境でいいよって人にはうってつけです。

最近の若者は贅沢したいなんてあまり思っていないので、最低限の環境があればそれでOKっていう人はたくさんいると思う。

だから、ベーシックインカムハウスのような取り組みは若い人にはいい環境だと思います。

おじさんにはベーシックインカムハウスやベーシックインカムは理解できないと思いますw
あとは、ブラック企業で無理して働く必要がなくなるわけだから理不尽な状況を作り出してボロ雑巾のごとく使い捨てる企業は人が来なくなって淘汰されます。

人を尊重しない会社は潰れてしまえばいいのです。

奴隷解放運動ならぬ、「社畜解放」運動に発展します。

たぶん、今回のベーシックインカムハウスをきっかけに似たようなものは今後多く出てくると思います。

ベーシックインカムハウスでの費用はそこで成功した人が、寄付という名目で恩返しするパターンがありそうですw

未来に投資するという形でベーシックインカムハウスは成り立つのではないでしょうか?

これからのベーシックインカムハウスに期待!





【最新】WiMAXでおすすめするお得なプロバイダベスト3を紹介【比較】



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする