良い人なんてやめちゃいなよ


「良い人である」という評価のために良い人を演じている人は多いと思います。

他人から良い人に見られたくて本当は「面倒くさい事」や「嫌なこと」でも受け入れることがあると思います。

でも、それってとてもストレスのたまる事なんです。

それでも、一度「良い人」という評価がついたら「良い人」であり続けるためにその後もずっと「良い人」を演じなくてはなりません。

イライラしたり、怒ったりすることもあるけれど、周りの人からはあなたは「良い人」だからそんな人じゃないよね?と思われているから、頑張って良い人を演じることになります。

ありのままの自分でいることができなくてストレスがたまっていくのです。

僕もそうです。

他人から良い人だと思われたいから、「良い人」だと思われるような言動や振る舞いをしてしまいます。

しかし、そういう風に生きるのってとても疲れるんです。

僕はあまり人が好きではありません。

人と関わるのはとても疲れる事なんです。

それでも生きていれば人と関わることを避けることは出来ません。

なにか人間関係に問題があるわけではないけど、「良い人」を演じる事はとても疲れる事なんです。

人と関わる自体がストレスになる人もいると思います。

僕は人と関わるだけでもストレスになります。

それでも生きていれば人と関わらなければなりません。

だから、少しでもストレスを減らすために「良い人」をやめましょう。

「良い人」を演じるのをやめてありのままの自分で生きていきましょう。

「良い人」という他人からの評価を維持するために多くの犠牲を払わなければなりません。

「良い人」という評価なんてほとんどメリットなんてないと思います。

逆に「ありのままの自分」で素直に正直に他人と接した方が好感を持たれることもあるかもしれません。

誰もが「良い人」なわけがないですし、少しぐらい自己中心的でわがままでも大丈夫だと思います。

別に「良い人」である必要なんてないのです。

本当に他人があなたに「良い人」であることを望んでいるかなんてわからないし、あなたが勝手に自分は「良い人」でなければならないと思っているだけかもしれません。

ありのままの自分でいてもそれほど嫌われたりしないと思います。

だから、周りの人や他人の評価を気にして「良い人」を演じるのはもうやめましょう。

「良い人」をやめることによって、ストレスがなくなり、「ありのままの自分」でいることによって、穏やかな心で生きていく事が出来るようになるのです。

今から「良い人」をやめて「ありのままの自分」で生きてみませんか?



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする