ニートでも引きこもりでもお金があれば死ぬまでそのままで大丈夫


どうも、ゆうです。(@mattaritoikiru1

この記事では、お金があるなら好きにどうぞっていう話をしています。

お金があれば自由

結論からいうと、お金がたくさんあるなら、ニートでも引きこもりでも大丈夫ということです。

お金があれば、大抵のことは解決できるし、困ることもほぼありません。

自分で家事ができない人でも家事代行サービスを使えば大丈夫です。

そう、お金があれば、ニートでもヒッキーでも大丈夫。

問題なのはお金がないこと

日本全国では、数十万人の規模でニートや引きこもりがいます。

たぶん、あと数年で100万人を越えますw

それぐらいの人数の人たちがいるのですが、このニートなどの問題としては、やはりお金が問題になります。

まだ若い時は、親が世話したり、小遣いをくれたりしますが、大きくなってくると、お金がかかるし、親もいつまでも働いて稼げるわけでもないので、徐々にお金がなくなり、生活が厳しい、不安になっていきます。

ほとんどのニート、引きこもりがいる家庭では、そういうお金の心配が一番の問題になります。

お金持ちの家なら別に問題ではありませんが、ほとんどの家庭はお金持ちではありません。

いい歳いっている人間が働かずに、金を消費していくという生活はかなりストレスありそうですw

とりあえず、小遣い稼ぎ

いい歳いっているニート、ヒッキーがどうやって最低限のお金を確保するのかがとても重要となります。

今の時代であれば、家でできる仕事は多いし、ネットを使って小遣い稼ぎもできます。

なので、ニートやヒッキーの人は、まずは自分で小遣い稼ぎができるようにすればいいのではないでしょうか?

小遣いを稼げるだけでも、生活は安定しますし、親も喜びますw

死ぬまでお金があるなら、そのままでいいですが、ないのならないなりに少しお金を稼いだ方が、メンタルや将来に対しての負荷は少なくなると思います。

何かしらやらないと変わらない

別に、お金に限らず、どのことでも言えますが、何もしなければ何も変わりません。

誰かが何かしてくれるということはほぼないです。

自分から動いていかないと本当になにもないままでどんどん過ぎていきます。

とりあえず、少し外で散歩するなどのことでもいいので動いた方がいいと思います。



どうも、ゆうです。(@mattaritoikiru1) この記事では、お得なWiMAX、Wi-Fiのプロバイダを紹介しています...



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする